オンラインストレージの情報が満載!

オンラインストレージの注意点

オンラインストレージの注意点 オンラインストレージは外部ともファイルの共有が可能なサービスですが、その分パスワードなどの重要な情報が外部へ流出してしまう危険があります。
サービスによってはファイルを共有するユーザーを指定することができず、情報を全世界に向けて公開してしまうことになってしまいます。
誤操作により誰でも閲覧とファイルのダウンロードが可能になってしまう場合があります。
オンラインストレージを導入する際に注意しなければならない点はこの他に、データのバックアップがオンラインストレージの方に移行してしまうケースにあります。
バックアップデータの容量が少なければ問題はありませんが、膨大な量のバックアップデータが存在していた場合、クラウドのサーバーにバックアップデータをコピーしようとすると作業完了までに長時間かかってしまいます。
オンラインストレージには保存可能な容量があらかじめ設定されているものと基本容量に課金で付け足していくものがあります。
容量を考えずにファイルを分けず保存していくと容量がすぐに足りなくなってしまいますのでファイルの保存はこまめに行わなければなりません。
課金して容量を付け足していく場合は課金した金額が予算を超えないように計算して利用する必要があります。
無料やお試しにも注意が必要で、一定期間ログインされなかったりするとアカウントやデータが自動的に削除されてしまいます。

オンラインストレージは複数の人で運用出来る。

オンラインストレージは複数の人で運用出来る。 オンラインストレージは複数の人で運用しやすいものになります。
オンラインにデータを保存する機会が昔に比べて増えたと思いますし、昔でしたら自分のデータをクラウドに保存するといった概念があまり無かったと思うのです。
今はオンラインストレージにデータを保存するのは普通なことになっていますが、オンラインストレージは複数の人で運用するのにも向いています。
例えば、仕事でファイルが必要になりましたが、そのファイルが手持ちのパソコンに入っていなかった場合、オンラインを利用していれば、すぐに目的のファイルを自分のパソコンに取り込めます。
また、同僚にこの書類の続きをやってくれませんか、と頼んでおいて、自分が顧客企業についた段階で同僚に頼んでおいた書類を見直して、すぐにプレゼンが出来るといった使い方です。
オンラインストレージは未来の技術がたくさん詰まっています。
この技術を使って新しい仕事のやり方を始めてほしいです。

新着情報

◎2019/2/15

オンラインストレージの仕組み
の情報を更新しました。

◎2018/11/16

オンラインストレージの特徴
の情報を更新しました。

◎2018/10/31

サイト公開しました

「ストレージ 運用」
に関連するツイート
Twitter

arrow dynamic SR-16 E3 CQB MOD2 M-LOKは、まぁAresなのでEFCS積んでます。 バッテリーの推奨11.1vの所、マルイEG1000使ってることもあって7.4vで運用してましたが、ストレージ電圧付近で撃てなくなりました。 #電動ガン #サバゲー

LIVA Z2にIoT LTSCがあったら良かったんだけど、流石にストレージがなぁ… もしくはCPUが… まぁ、まっさらなWinにOpenKioskブラウザ以外一切ソフト入れずの運用が前提だし、32GBのeMMCでもどうにかなるかなぁ…(´・ω・`) まぁ別にWinである必要も無いんだけど(

M/Bは何も考えず「いちばんげーむでつよくてこうひんしつ!」って感じで選んでASRock Z390 Phantom Gaming9になった感がある やっぱりM.2 SSDを3つフルスピード運用できるのは最高やな!それでいて更にSATA3で2つ接続できるのでストレージ系端子全部埋まってる

とりあえずはevernoteをメインのストレージに、書き込みする系の資料はgoodnotesにコピーして終わったらevernoteに再度書き出しという運用かな

ついでにゆうならOfficeはOffice365にしてほしいしDropboxなりboxなりOnedriveなりのクラウドストレージも「きちんと」導入してほしいしBTSも運用ポリシー含めて整備してほしい(少なくともその方向性の決定と整備の許可が欲しい)。

運用するストレージを減らせるならまぁめちゃくちゃいい話ではある #ChugokuDB

返信先:@haru_nmsym おぉ~ 空中でも刺さるデスか! 手に入れば ストレージ組み込んだ機体が 楽に運用出来そう・w・b

様々な実行環境、手元に置いておくと環境破滅しがちなので全てコンテナイメージにして運用したいみたいな気持ちがたまに生まれるが、流石にストレージ容量を考えると富豪的すぎるのが問題

次は仮想サーバの運用サービスで使用するライブマイグレーションの概念を説明したものか。 データの利用目的や頻度などに応じて,データを格納するのに適したストレージヘ自動的に配置することによって,情報活用とストレージ活用を高める技術である。 【H28春14】 ×

Twitter応用情報技術者ナビ@hpeo_ap

返信 リツイート 4/19(金) 5:04

容量が増えるから、高速化するからという理由で数十台以上のRAID5やRAID6の構成を勧めるのはやめていただきたい 一時ディスクとして使うのであれば止めないが、失われたら困るようなデータをそのような運用ストレージに入れるのは非常に危険な行為