オンラインストレージの情報が満載!

オンラインストレージの注意点

オンラインストレージの注意点 オンラインストレージは外部ともファイルの共有が可能なサービスですが、その分パスワードなどの重要な情報が外部へ流出してしまう危険があります。
サービスによってはファイルを共有するユーザーを指定することができず、情報を全世界に向けて公開してしまうことになってしまいます。
誤操作により誰でも閲覧とファイルのダウンロードが可能になってしまう場合があります。
オンラインストレージを導入する際に注意しなければならない点はこの他に、データのバックアップがオンラインストレージの方に移行してしまうケースにあります。
バックアップデータの容量が少なければ問題はありませんが、膨大な量のバックアップデータが存在していた場合、クラウドのサーバーにバックアップデータをコピーしようとすると作業完了までに長時間かかってしまいます。
オンラインストレージには保存可能な容量があらかじめ設定されているものと基本容量に課金で付け足していくものがあります。
容量を考えずにファイルを分けず保存していくと容量がすぐに足りなくなってしまいますのでファイルの保存はこまめに行わなければなりません。
課金して容量を付け足していく場合は課金した金額が予算を超えないように計算して利用する必要があります。
無料やお試しにも注意が必要で、一定期間ログインされなかったりするとアカウントやデータが自動的に削除されてしまいます。

オンラインストレージは複数の人で運用出来る。

オンラインストレージは複数の人で運用出来る。 オンラインストレージは複数の人で運用しやすいものになります。
オンラインにデータを保存する機会が昔に比べて増えたと思いますし、昔でしたら自分のデータをクラウドに保存するといった概念があまり無かったと思うのです。
今はオンラインストレージにデータを保存するのは普通なことになっていますが、オンラインストレージは複数の人で運用するのにも向いています。
例えば、仕事でファイルが必要になりましたが、そのファイルが手持ちのパソコンに入っていなかった場合、オンラインを利用していれば、すぐに目的のファイルを自分のパソコンに取り込めます。
また、同僚にこの書類の続きをやってくれませんか、と頼んでおいて、自分が顧客企業についた段階で同僚に頼んでおいた書類を見直して、すぐにプレゼンが出来るといった使い方です。
オンラインストレージは未来の技術がたくさん詰まっています。
この技術を使って新しい仕事のやり方を始めてほしいです。

新着情報

◎2019/5/20

企業にとってのメリット
の情報を更新しました。

◎2019/2/15

オンラインストレージの仕組み
の情報を更新しました。

◎2018/11/16

オンラインストレージの特徴
の情報を更新しました。

◎2018/10/31

サイト公開しました

「ストレージ 運用」
に関連するツイート
Twitter

流石にストレージ32GBはキツすぎるものがあってのこり4GBしかないので、MicroSD128GBを買ってそっちにOS入れて運用していくか… それにしても128GBが2000円切ってるなんてすごいいい時代だな

ラズパイ4の主要スペック:4コアCPU+4GBメモリ+128GBストレージ(SD)、 ここだけ見ると今のマンホールマップサーバーとほぼ同じなんだよな。安定運用できそうだったらいっそラズパイ4で・・・と考えてしまう

ベンダ本だがITインフラを学びたい人にも良い本。営業や上流工程、運用の人お読んでおきたい→EMC Education Services の IT技術者なら知っておきたい ストレージの原則と技術 amzn.to/2LDqzKX

20TBくらいのストレージサーバも持ってたんだけどディスクぶっ壊れまくってリビルドしてる時間のほうが長いくらいだからもう運用やめたんだよな・・・

Virtualbox入れてストレージ割り振ったのは良いものの、PCの空き容量的に運用無理やなってなってストレージ空けました 左のタグみたいなやつを右クリックして削除みたいなのん押したら解放できます

Twitterましろ@情報系ブログ@mashiro_blog

返信 リツイート 8/17(土) 23:14

ベンダ本だがITインフラを学びたい人にも良い本。営業や上流工程、運用の人お読んでおきたい→EMC Education Services の IT技術者なら知っておきたい ストレージの原則と技術 amzn.to/2LDqzKX

ベンダ本だがITインフラを学びたい人にも良い本。営業や上流工程、運用の人お読んでおきたい→EMC Education Services の IT技術者なら知っておきたい ストレージの原則と技術 amzn.to/2LDqzKX

実家PCは現在SSD1台とHDD1台運用なので、2.5インチストレージと3.5インチストレージが1台ずつ、計2台突っ込めるラックで運用してるのよなー。鍵無しでボタン押して開けるタイプ。これの2.5インチストレージ2台分バージョンが欲しいなー。

DynamoDB ・フルマネージド型NoSQL ・ハイスケーラブル、低レイテンシー ・高可用性 3AZにレプリケーション ・シンプルなAPI ・ストレージの容量制限なし ・運用管理が不要 ・スループットキャパシティー

返信先:@snmr_s 論理的に共有ディレクトリを分けて、マウントしてやればそんなに違和感はないと思うけど、運用上は余計な障害想定が必要になりそうよねー(´・ω・`)本番系のアーカイブ処理とかとバックアップ取得が並行して走って、処理中にストレージ全体の空きがなくなるとか…