オンラインストレージの情報が満載!

オンラインストレージの注意点

オンラインストレージの注意点 オンラインストレージは外部ともファイルの共有が可能なサービスですが、その分パスワードなどの重要な情報が外部へ流出してしまう危険があります。
サービスによってはファイルを共有するユーザーを指定することができず、情報を全世界に向けて公開してしまうことになってしまいます。
誤操作により誰でも閲覧とファイルのダウンロードが可能になってしまう場合があります。
オンラインストレージを導入する際に注意しなければならない点はこの他に、データのバックアップがオンラインストレージの方に移行してしまうケースにあります。
バックアップデータの容量が少なければ問題はありませんが、膨大な量のバックアップデータが存在していた場合、クラウドのサーバーにバックアップデータをコピーしようとすると作業完了までに長時間かかってしまいます。
オンラインストレージには保存可能な容量があらかじめ設定されているものと基本容量に課金で付け足していくものがあります。
容量を考えずにファイルを分けず保存していくと容量がすぐに足りなくなってしまいますのでファイルの保存はこまめに行わなければなりません。
課金して容量を付け足していく場合は課金した金額が予算を超えないように計算して利用する必要があります。
無料やお試しにも注意が必要で、一定期間ログインされなかったりするとアカウントやデータが自動的に削除されてしまいます。

オンラインストレージは複数の人で運用出来る。

オンラインストレージは複数の人で運用出来る。 オンラインストレージは複数の人で運用しやすいものになります。
オンラインにデータを保存する機会が昔に比べて増えたと思いますし、昔でしたら自分のデータをクラウドに保存するといった概念があまり無かったと思うのです。
今はオンラインストレージにデータを保存するのは普通なことになっていますが、オンラインストレージは複数の人で運用するのにも向いています。
例えば、仕事でファイルが必要になりましたが、そのファイルが手持ちのパソコンに入っていなかった場合、オンラインを利用していれば、すぐに目的のファイルを自分のパソコンに取り込めます。
また、同僚にこの書類の続きをやってくれませんか、と頼んでおいて、自分が顧客企業についた段階で同僚に頼んでおいた書類を見直して、すぐにプレゼンが出来るといった使い方です。
オンラインストレージは未来の技術がたくさん詰まっています。
この技術を使って新しい仕事のやり方を始めてほしいです。

新着情報

◎2019/5/20

企業にとってのメリット
の情報を更新しました。

◎2019/2/15

オンラインストレージの仕組み
の情報を更新しました。

◎2018/11/16

オンラインストレージの特徴
の情報を更新しました。

◎2018/10/31

サイト公開しました

「ストレージ 運用」
に関連するツイート
Twitter

IaaS(アイアース、イアース):システムの稼働・運用管理に必要なサーバ、CPU、記憶装置(ストレージ)、回線、その他機材などの設備一式(基盤、インフラストラクチャ)を、ネットワーク上のサービスとして提供する仕組み。《ITストラテジ》

返信先:@kujira_neko なるほど、「乗ったまま出し入れできる」「ハンドル周辺に最も近いストレージである」あたりを主眼に運用方法を考えるのが良さげですね。

Twitter吉良理人@ねもい@big_bros

返信 リツイート 昨日 3:45

iPadで運用前提で、iCloud・Dropbox・Googleのどれかオンラインストレージでデータ保管。 データ形式はPDFかjpeg。内容検索用にOCR機能はあれば使い勝手良いがタイトル検索だけでも良いかなぁ。 そんなスキャンアプリ探したり調べているけど、オススメないだろうか・・・?(´-ω-`)

返信先:@pon_hk3rd 抱き合わせの販売とかは勘弁して欲しいですね。 アプリ以外のデータで容量使うのであれば、 ・PCローカルストレージに保存 ・クラウドストレージの利用 ・NASの構築/運用 etcetcと手段はありますが、スマホ内で完結させたいユーザも多いかなと思ってますので

DynamoDB ・フルマネージド型NoSQL ・ハイスケーラブル、低レイテンシー ・高可用性 3AZにレプリケーション ・シンプルなAPI ・ストレージの容量制限なし ・運用管理が不要 ・スループットキャパシティー

日本維新の会 足立康史議員ってば出生地自体は、出生届の保存期間を27年から必要なだけ延長すれば済みますよね。← サラッと新たに手間を増やすスタイル。日本国民1億2千万人分の出生地を100年間保存維持するのに、データベース設計からストレージ設計、運用管理まで見直す気ですか?

メモその1 セットになってるCPUは2400G その2 運用するのはAndroid x86(元々ARMの物を無理くりx86にしてるらしい最適化何それ美味しいのって感じのOS)なのでスペックには余裕を持ちたい=メモリもっと積んでもいいかも その3 Androidはそれほどストレージ容量要らないのでSSDは240でも良さそう

オンプレでやるとしても、S3みたいなどのホストからもアクセスできて容量無制限のように見えるマネージドなオブジェクトストレージは欲しいな。 それだけで大分運用が楽になる。 そっちを運用する方は大変だろうけど。。

返信先:@hashimoto_lo 背乗りを加速させようとしか見えない #日本維新の会 #足立康史 議員ってば出生地は出生届の保存期間を27年から必要なだけ延長すれば済みますよね← サラッと新たに手間を増やすスタイル。国民1億2千万人分の出生地を100年間保存維持するのにDB設計からストレージ設計、運用管理まで見直す気ですか?

RT @Tack67: #名画で学ぶストレージ運用なんて、ひとりでできるよね?」という言葉に凍りつく情シス担当者…という場面だから暗い配色なのでしょうか。 ひとりで全てのストレージ運用することは実質的に困難。 利用部門の皆さん自身にデータの管理と制御をやっていただくしかあ…